ITキャリアの積み方

ITキャリアは何をするにも、プログラマーやシステムエンジニアの経験をある程度積んで上級クラスにならなければならないそうです。IT部門のエンジニアには、フリーランスや派遣など様々な種類がありますが、個別のスキルの前に何よりも基礎が必要なのです。基礎があって応用、発展と繋がるのです。企業が求めるシステムは、プログラムの過程ではなく、「こんなふうにしたい」というシステムの結果なのです。会社のシステムを構築する時に、まず結果を話し合って、そのようになるようにエンジニアがプログラムを操作するのです。だから、プログラマーとして作業する時も、ただ黙々と作業をこなすのではなく、何故このようなプログラムを組むのか、1つ上流の工程を意識しながら作業していくと、「○○したい時はこんな工程を踏むのか」という例題を見るような状態に自分を置きながら作業ができます。さらに上級のSEコンサルタントとなると、マネジメント部分は、SEのマネジメントと考えるよりは、「○○したい」という営業や開発側の希望を理解しないといけません。様々な職種の人と話してその仕事を理解しその立場に立ってマネジメントを勧めなくてはならないのです。その為に必要なシステム部分は、こちらが考える事で、顧客側の企業には関係ないのです。システムの知識でどのような事ができるか、何ができないか判断し、マネジメントをどのように実現するかを考えなければなりません。だから、上流工程を目指し、コンサルタントの領域にまで行きたいのであれば、下層工程の作業をしながらでも、「この作業の目的は何か?」「他に選択肢は無いのか?」「ROI的にどうなのか?」と言った事を常に考えるように習慣づけるとよいでしょう。システムは、あくまで顧客の要求ありきでその要求を実現するための手段として、システム構築が始まるのです。顧客の要求に応える為のシステム構築にはしっかりした下層工程からの基礎が必要です。たくさんの例題を体験の中に蓄積していけるように知識と経験を積んでいきましょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ